脱毛小説

私は東京の渋谷の街を彷徨っていた。就職先を探しに来ていたのだけど、行き当たりばったりにお目当てのエステサロンを探そうとしたのがそもそも間違いだった。歩き疲れて体...

その時の授業はダンスと鉄棒を使ったちょっとした運動だったんだけど、全て終わったあと、掻いた汗で風邪を引かないように上着を再着用し、一人で木陰に佇んでいた。そこに...

ただやはり、永久脱毛じゃないということが難点だ。どれくらいの期間、サロンに通い続けなくてはいけないのか分からない。そこで、私の頭の中は「就職」とリンクした!そう...

扉を開けた。受付には、私より歳が二、三個くらい上の女性が立っていた。面接を申し込むと、笑顔で奥にいる店長を呼んできてくれた。店長は30歳になるか、ならないかくら...

それから2日経ったある日、その日は仕事が休みだったので、のんびりと恵比寿東公園まで散歩することにした。その行きがてらだった。向こうのほうからお洒落なセーラー帽を...

一部始終を聞いたメイコはこんなことを言い出した。「さっちゃんには話さなくてもいいかなと思ってたんだけど話すね」「え?なになに?」今までメイコから何かを含んだ話を...

電話の内容は、どうやらメイコは働き出したばかりのバイト先の先輩を好きになったらしい。そしてその先輩に「須田亜香里に似てるね」と言われたらしい。そんなことを遠回り...