トップページ目次脱毛女子の恋心のち晴れ 2

ピンチ!!

その時の授業はダンスと鉄棒を使ったちょっとした運動だったんだけど、全て終わったあと、掻いた汗で風邪を引かないように上着を再着用し、一人で木陰に佇んでいた。
そこにヒロトが他の女子の目を盗むようにトコトコやってきたのだ。
そして私の目の前に立った。
ヒロトは手刀を作ったその手を自分の口に添えて、囁くように私に言った。

 

「おい、 冴島さん」

 

「はい (*゚▽゚*)

 

「きみ、脇から毛がチラチラ覗いてるぞ」

 

「・・・・・( ̄◇ ̄;)

 

そう言って去っていった。
私はショックすぎた。
恋心を抱いているヒロトから言われたことが一番のショックであることは間違いないけど、私のムダ毛が顔を出していることを他のみんなも気づいているのだとしたらと思うと、冷や汗が滝のように吹き出してきた。
心なしかその汗が脇毛を伝っている感覚もある(*_*)

 

気を落として項垂れていると親友のメイコが「さっちゃん、どうしたの?」と声をかけてきた。
私は最新の出来事を話す気になれず、「バスケの時、足の毛が濃いのも素敵だと思ってたのに!ヒドイ!」と分けのわからないことを言い、突然泣き出してその場を去っていった (´;ω;`)ウゥゥ

 

それからの私は生まれ変わることを決意する。
カミソリで毛を剃るんではなく、ちゃんと脱毛しようと。
関白宣言なる脱毛宣言したのだ!!

 

そして、脱毛サロンに通う日々が始まる。
未成年なのでサロンに通うには親の同意書が必要で、親からは「社会人になってからでいいんでないの?」と言われたが、お年玉貯金を下ろすと言ってきかなかった。

 

私は生まれ変わるのだ!

 

脱毛サロンでカウンセリングを受けて気づいたことがある。
光脱毛、もしくはレーザー脱毛、をすれば一生毛が生えなくなると思っていたが、それは違うらしい。
いわゆる永久脱毛ではないのだが、サロンへ通い続けなければいけないかというと、そうでもない。
定期的に毛根がダメージを受け続けていると、そのうち生えてくるスピードが遅くなり、見た目もよくなるとのことだった。

 

そして実際何回か通った結果、剃っていた時と比べて仕上がりが綺麗で、脇がツルツル光って見えるまでになった。

 

その頃、脱毛サロンに通っていたのはクラスでは私くらいだったから、メイコからも「すごい脇が綺麗だね」と褒められた。
二教室先のヒロトにも見せつけてやりたい。

 

「わたし、生まれ変わったのよ」ってね。

 

 

 

 

 

ランキングに参加しています。ポチっとして頂けると励みになります。
ランキング【ブログ村】