トップページ目次脱毛女子の恋心のち晴れ 3

仕事探し

 

ただやはり、永久脱毛じゃないということが難点だ。
どれくらいの期間、サロンに通い続けなくてはいけないのか分からない。
そこで、私の頭の中は「就職」とリンクした!

 

そうなのだ!
脱毛サロンのお店に就職すれば、仕事と脱毛の両方を得ることができる。
そう思ったのだ。
そこからはウキウキの日々。
卒業式が待ち遠しいくらいだ。

 

 

ヒロトは東京の大学に進学が決まった。
地元茨城から通うのは大変だから、吉祥寺あたりに部屋を借りると友達伝いに聞いた。

 

私はヒロトを追いかけたわけではなく、東京の脱毛サロンで働くことは前から決めていた。
地元で働くと、そこでたまに同級生と顔を合わせることがあるだろうし、それはいいんだけど、同級生がお客になろうものなら、アンダーヘアの脱毛とかあるじゃない。
私に下の毛を見られるなんて有り得ないと思うんだよね。
それもあるし、そもそも東京への憧れがあった。

 

それで私は今、脱毛サロンの面接を直談判しようと、東京の街を彷徨っているのだ。
「東京といえば渋谷でしょ!」てな感じで渋谷限定で探してたから、この足で直接行ったほうが早いと思っていたが、行けど歩けど、不動産屋やコンビニや洋服屋ばかりで脱毛サロンが見つからない。
初めから求人情報誌を見てから行けばよかった。

 

ようやく全国に店舗があるような有名店を見つけて、受付のキレイなお姉さんに面接をお願いしたら、忙しそうに訝しげな顔をされて「今、人手は間に合ってるんですよね」と言われた。

 

それはそうかもしれない。
こんな汗かいた、田舎っぺ丸出しの私なんか相手にされなくて当たり前だ。
帰ろうとした私に、「空きが出たら連絡しましょうか?」と言ってくれたが、「いいです」と断ってしまった。
なにか知らないけど、このお店は私には合わないと思ったのだ。
女の匂いがする。
いやな、いやーな匂い。
なんかイジメられそうな気が・・・する(ーー;)

 

そらからまた歩いて30分くらい経っただろうか・・・こじんまりしたお店を発見した。
最初、古着屋さんか何かかと思ったけど、店の前の小さな黒板に、チョークで光脱毛値下げ実施中と書いてあった。

 

やれやれ。2件目の脱毛サロン・・・
どうなることやら。

 

 

 

 

 

ランキングに参加しています。ポチっとして頂けると励みになります。
ランキング【ブログ村】